平屋住宅

スウェーデンハウスのおしゃれな平屋

スウェーデンハウス株式会社は、1984年に創業したスウェーデンの輸入住宅を取り扱う建設会社です。

 

 

 

スウェーデンハウスでは、天然の木材を利用した北欧風の住宅を建築しています。

 

 

 

・高気密高断熱と防音性能

 

 

 

少ないエネルギーを効率利用して、気密性と断熱性に優れた快適さを追求する性能を持っています。高気密高断熱住宅なので、冬には暖房を一度切っても、断熱性によって暖かさが持続します。家全体の部屋の気温差がほとんどありません。

 

 

 

窓ガラスは3層ガラス木製サッシとなっていて、これはアルミ製のものよりも1800倍も断熱性が優れています。屋内では一年を通じて裸足で過ごせるほどで、住む人の健康を最大限に気遣える家となっています。

 

 

 

24時間熱交換型のの換気システムを備えています。これによって、屋内ではつねに快適な気温ながらも、きれいな空気が実現されることになります。
家の中ではたいへんに静かに暮らせますが、その理由はスウェーデンハウスならではの高い防音性能にあります。

 

 

 

・北欧住宅の構造と雰囲気

 

 

 

外観はスウェーデンの伝統的な家屋のおしゃれな特質が活かされて、大きな窓の木枠が印象的です。日本の街並みや気候風土にもよく合うデザインのスウェーデンハウスは、どんな場所に立てても周囲の環境によくマッチします。

 

 

 

モノボックス構造とよばれる建物の仕組みは、従来の軸組工法にくらべて、耐震性に非常に優れています。日本のような地震多発国でも安心して生活できる基礎があります。また、木の家といっても耐火性に優れているのも特徴です。

 

 

 

平屋でワンフロアの場合には、住宅内に段差もなく、バリアフリー化した平屋 スウェーデンハウスは、すべての人に優しくて過ごしやすさが抜群です。

 

 

 

屋内はゆったりとした空間で、広々とした中で生活することができます。北欧風のリビングやキッチンは、実用的でありつつセンスの良い室内を実現しています。

 

 

 

スウェーデンハウスを建築した場合、その後50年に渡って家の健康診断が行われます。

平屋住宅には、パネルを設置する選択肢があります。いわゆるソーラーパネルです。

 

 

 

そのパネルには様々なメリットがありますが、まず自家発電などはその1つです。そもそも住宅には、やはり停電リスクなどはあります。電力会社の都合で、一部のエリアが一斉に停電になってしまう事もあるのです。それでは生活に不自由してしまう傾向があります。

 

 

 

ところがソーラーパネルが設置された住宅なら、その電力も自分で作る事ができます。電力会社の都合に左右されないのは、パネル付きの住宅の大きなメリットの1つです。

 

 

 

また自家発電が可能な住宅ですと、電力を売却できるメリットもあります。そもそも電力会社には、太陽光発電によって生産された電気を、買い取ってくれるのです。

 

 

時にはパネルによって生産した電力が、余ってしまう事もあるでしょう。それを買い取ってくれる訳ですから、いわゆる投資目的の為にパネルが活用される事もあります。

 

 

確かにパネルを設置すれば、それだけ費用は発生するでしょう。ただ仮に、その時の費用は300万だったとします。それで売却額の合計が350万なら、単純計算で50万の利益が発生する訳です。その利益額も、ソーラーパネルが設置された平屋住宅の魅力の1つと言えます。

 

 

 

その他にも、温度面に関するメリットもあります。夏は住宅に対する太陽光を、パネルが遮ってくれるのです。また住宅からの暖気が、外に逃げてしまうのを防いでくれる力もあります。

 

 

 

ただし全ての平屋住宅に対して、パネルが設置できるとも限りません。やはり住宅の構造によっては、少し難しい事もあるのです。

 

 

 

住宅の構造上の問題で、パネルが支えきれない事もあります。また築年数が長く経過した住宅なども、たまに難しい事はあるのです。「全て」の住宅に対して、パネルが設置できると断言できないの、要注意でしょう。

 

 

 

もちろん、それはソーラーパネルの業者に確認してもらう事ができます。後になってトラブルになるのを防ぐ為にも、念入りに確認してもらうと良いでしょう。

続きを読む≫ 2016/08/18 10:34:18

平屋住宅にとって、耐震性はとても大切な問題です。何せ住宅が倒壊してしまえば、当然大変な事になってしまいます。

 

 

 

様々な被害が想定されますので、耐震性を確認したいと思う事もあるでしょう。

 

 

 

ところでその住宅の耐震性能は、まず足元部分で確認する事ができます。まず住宅の足の部分に、コンクリートが入っているか否かがポイントになります。入っていない住宅の場合、耐震性のがかなり弱い事が多いのです。

 

 

 

またコンクリートならば良いという訳でもありません。鉄筋コンクリートになっているか否かも、ポイントなのです。何も筋が入っていないコンクリートですと、少し耐震性は弱い傾向があります。

 

 

 

このように基礎の部分を確認すると、平屋の耐震性移動は見分けられる訳ですが、その他にも住宅の形状もポイントになるのです。

 

 

 

まず上から見た形状が、ポイントになります。上から見て四角形になっている住宅は、そこそこ耐震性能が高めと考えて良いでしょう。

 

 

 

また地上部分から見て長方形もしくは正方形の住宅か否かも、ポイントになるのです。いわゆるL字型やコの形をした住宅ですと、少し耐震性能は弱い傾向があります。

 

 

 

理想を言えば、サイコロのような形の平屋住宅が望ましいです。いわゆる立方体の住宅ならば、耐震性は比較的高めになっているからです。

 

 

 

それと住宅の筋交いと呼ばれる物が多いか否かも、1つのポイントになります。筋交いとは、木材が斜めにかかっている状態です。いわゆる垂直や水平方向に組んだだけの住宅は、全般的に地震に弱い傾向があります。

 

 

 

このように耐震性が強いか否かは、様々な要素によって確認できる訳です。もしくは業者などに依頼をして、耐震性を確認してもらう方法もあります。

 

 

 

ただ耐震性に問題があると判断された時でも、補強工事を行う事によって、それを解決できる事もあります。

 

 

 

百数十万程度で耐震性を高められるケースもあるので、上記のような調査によって問題が発覚した時には、工事を検討するのも一法です。

続きを読む≫ 2016/08/18 10:31:18

平屋とは

 

 

 

平屋といえば、田舎のおばあちゃんの家を思い出す方も多いのではないでしょうか。広大な田舎の敷地、田んぼと山に囲まれた緑の中にポツンと立つ家のイメージですね。

 

 

 

しかし最近では、都市部でも平屋の人気が高まっています。

 

 

 

そこで今回は、平屋のメリットや相場をご紹介します。

 

 

 

平屋のメリット

 

 

 

平屋のメリットは、なんといっても開放感です。二階がないため階段がありません。階段はおよそ一坪分のスペースを必要とするので、その分が部屋に使えます。つまり二階建てより部屋が広く取れるのですね。

 

 

 

そして、上下移動がないことで、動線がスムーズになります。毎日重たい洗濯物を二階に持ち上げる主婦にとっては、動線の短縮は何より嬉しいですね。

 

 

 

それから、新築時には意外と忘れがちな、将来の生活にもとても有益です。今現在は想像できないかもしれませんが、将来年をとって足腰が弱くなると、二階への上がり降りが辛くなるときがやってくるかもしれません。

 

 

 

老いは誰にでも平等にやってきます。こんなとき平屋なら、上下移動を考えなくていいので、悩まされることが少なくなるかもしれません。

 

 

 

平屋のデメリット

 

 

 

こんなに素敵な平屋ですが、デメリットもあります。それは、日差しが入る時間が少ないことです。二階があれば長い時間家の中に日が差しますが、一回は日が差し込む時間が意外と短いです。冬などは、少し寒く感じることもあるかもしれません。

 

 

 

平屋の相場

 

 

 

実は、平屋の相場はあまり安くありません。同じ建築面積の二階建てと比較すると、平屋のほうが高くなってしまいます。これは、基礎や屋根部分が増えるため、建築資材の量が増えるからです。

 

 

 

平屋だからといって、安価で建てられるわけでもないのですね。

 

 

 

まとめ

 

 

 

平屋の相場はあまり安くはありませんが、それを上回るメリットが十分にあります。今新築をお考えの方は、従来の二階建てもいいですが、平屋という古くて新しい家の間取りにチャレンジしてみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

 

さらに詳しい平屋の価格はこちらのサイトで⇒平屋の価格

続きを読む≫ 2016/08/18 10:27:18

住友不動産では、平屋住宅に関する設計や提案などを行ってくれます。

 

 

 

その不動産会社に住宅設計を依頼する方々は、とても多いです。

 

 

 

なぜならその会社には、様々なメリットがあるからです。

 

 

 

例えば住友不動産には、耐震性に関する特長があります。そもそも平屋の住宅に居住するとなると、やはり地震に対する強さなどは大切なポイントです。

 

 

 

せっかく住宅を購入しても、地震によって倒壊してしまうと、大変な事になるでしょう。

 

 

 

しかし住友不動産の場合は、地震に対しては非常に強い構造になっています。

 

 

 

昔ながらの伝統工法と、最新の技術を上手く融合した造りになっていて、簡単には倒壊しない構造なのです。

 

 

 

その安心感が、住友不動産による平屋住宅の大きな魅力の1つと言えます。

 

 

 

また住友不動産の場合は、耐火性能に関する特長もあるのです。当然ですが、住宅には火災リスクがあります。もちろん住宅が全て燃焼してしまえば、同じく大変な事になるでしょう。

 

 

 

しかしこの不動産会社の場合は、その火災に対しても強い構造を採用しているのです。リスクがかなり低いのが、特徴的ですね。

 

 

 

リスクだけではありません。断熱性能に関する特長も、この不動産会社にはあるのです。そもそも断熱性能は、住宅の快適性には大きく関わってきます。

 

 

 

その性能があまり良くないと、冬の時期には部屋の暖気が外に逃げてしまう事が多いです。また夏の時期には、外の暑い空気が部屋の中に入ってきてしまうでしょう。それでは住宅の居住性は、あまり快適ではありません。

 

 

 

しかし住友不動産による住宅の場合は、熱に関する性能が極めて優れているのです。独自のサンドイッチのような構造を採用していますので、冬も夏も快適に過ごせる傾向があります。

 

 

 

また断熱性が高いゆえに、エアコン代なども節約できる傾向があります。居住コストを抑えて住む事ができるのも、この不動産会社の平屋住宅の特長と言えます。

 

 

 

つまりリスクが低めで、断熱性が優れている訳です。快適かつ安全な住宅が望ましい方々には、おすすめの不動産会社です。

続きを読む≫ 2016/08/18 10:24:18